活動報告

日本学術振興会研究拠点形成事業「インドシナ地域における地球環境学連携拠点の形成」第3回国際シンポジウムを開催しました。(2015年7月27日)

2015年8月17日

ベトナムのダナン大学にて、日本学術振興会研究拠点形成事業「インドシナ地域における地球環境学連携拠点の形成」第3回国際シンポジウムを、本学地球環境学堂、ベトナムのダナン大学、ダナン工科大学との共催で開催しました。

本プログラムは、近年急激な変容を遂げるインドシナ地域の環境問題解決のため、学際的・国際的協働体制を確立することを目的として、地球環境学堂・学舎が2013年度より3年間実施してきました。これまで緊密な連携をしてきたベトナムのハノイ理工科大学、フエ大学、ダナン工科大学をインドシナ地域のハブ拠点と位置づけ、当該地域における地球環境学連携拠点を形成し、準ハブ拠点となるタイ・コンケン大学、ラオス・チャンパサック大学、カンボジア・王立農業大学の3大学を含む6大学との連携により、教育・研究・実践の情報共有化、学際・国際的な人材交流の促進と共同研究の推進に資するインドシナ広域ネットワークの構築を目指すものです。

最終年度となる今回のシンポジウムでは、本学や拠点大学の教員、学生の他、本プログラムに関心を持つベトナム国内やアジア地域の大学関係者、日本の他大学関係者や企業関係者、ベトナム大使館などを含め、合計134名が参加しました。

シンポジウムでは、まず藤井滋穂 地球環境学堂長による開会の辞の後、今回の主催である本学、ダナン大学およびダナン工科大学を代表して Tran Van Nam ダナン大学学長より挨拶がありました。その後、本拠点事業の進捗状況説明に続き、教育・研究・実践の国際連携に関する講演が、ダナン大学、在ベトナム日本大使館、京大ASEANセンターからなされました。また本プログラムではシーズ研究助成としてベトナムの研究者への助成を行っており、その成果に対する証書授与式および研究成果の口頭・ポスター発表が行われました。また、ベトナムへ進出している日系企業の取り組みや製品紹介を中心としたセッションも行われ、産業界も含め、活発な議論が行われました。

本プログラムは、毎年1回全体シンポジウムを開催することとして、2013年度にはフエ大学、2014年度にはハノイ理工科大学、カントー大学と共同開催し、共同研究の促進、教育連携の実現化などが議論されてきました。今後も、この成果を活かした関係機関との新たな連携発展が期待されます。

なお、今回のシンポジウムについては、現地のダナン放送でその模様が放映・紹介されるとともに、ダナン市およびダナン大学のウェブサイトにも記事が掲載されました。

20150727-1
写真1 シンポジウムの集合写真

20150727-2
写真2 ギフト交換をするTran Van Namダナン大学学長と藤井滋穂地球環境学堂長

20150727-3
写真3 シンポジウム会場の様子

20150727-4
写真4 ポスタープレゼンテーションの様子

地球環境学堂長と大下准教授が、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)国際事業部研究協力課を訪問しました。(2015年3月20日)

2015年3月26日

藤井滋穂 地球環境学堂長と大下和徹 地球環境学堂准教授が、阿部幸子 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)国際事業部研究協力課長、瀬川真木子 同課拠点交流係長、安田健一 同係員を訪問しました。藤井学堂長より、地球環境学堂の教育や研究活動の世界展開について、説明を行いました。特にJSPS研究拠点形成事業: インドシナ地域における地球環境学連携拠点の形成の状況についても報告を行い、本事業に対するJSPSへの要望事項も含め、活発な意見交換が行われ、大変 有意義な訪問となりました。

01

写真左より、瀬川係長、阿部課長、藤井学堂長、大下、安田様

地球環境学堂・農学研究科メンバーによるアジア工科大学Worsak学長への表敬訪問 (2015年3月2日)

2015年3月6日

 平成27年3月2日に京都大学大学院地球環境学堂を中心とする一団が、タイ・バンコクのアジア工科大学(AIT)を訪れ、学長Worsak Kanok-Nukulchai教授と副学長山本和夫教授への表敬訪問を行いました。メンバーは藤井滋穂 地球環境学堂長 、舟川晋也副学堂長、梶井克純 教授と哈布爾 研究員と、縄田栄治 農学研究科副研究科長およびハノイ理工科大学環境理工学部長Huynh Trung Hai准教授です。

 AITは、アジアを中心とする多数の国々から優秀な学生を教育する大学院大学で、台湾の毛治国(Mao Chi-kuo)首相を始め、アジア各国で多数の大臣等を輩出しています。京都大学へは、その修士課程修了者が毎年数名、博士課程に入学しており、地球環境学舎にもすでに4名が入学し、3名が修了しております。

表敬訪問では、まずビデオによるAITの紹介の後、学長のWorsak教授から歓迎の挨拶が伝えられました。その後、京都大学側のそれぞれからのAITおよびタイへの関わりを含めた自己紹介の後、京都大学とAITとの研究・教育の協働について熱心な討議を行いました。表敬訪問は、記念品の交換と写真撮影で終了しました。

AITでは、学長・副学長への表敬訪問の他、環境資源開発研究科長C. Visvanathan 教授との面談、農学系グループとの学生交流討議、環境技術管理専攻の実験室見学、さらに次年度京都大学博士課程入学予定者との面談等を行い、半日のスケジュールを終了しました。

20150302_160948

平成27年度セミナー開催のため、京都大学地球環境学堂ダナン事務所を訪問しました(2014年11月13日)

2015年1月7日

 平成27年度のセミナーをベトナムのダナンで開催するにあたり、ダナン工科大学内にある地球環境学堂ダナン事務所を地球環境学堂特定職員が訪問しました。また、実験施設の視察および現地で研究を行っている京都大学の学生と交流を深めました。

IMG_1903IMG_1914

タイ王国Mahidol大学工学部との学生交流協定を結びました

2014年12月12日

平成26年12月4日に藤井滋穂学堂長、星野敏教授、田中周平准教授がタイ王国Mahidol大学工学部を訪問し学生交流協定を結びました。調印式では、Mahidol大学Surakit Nathisuwan副学長から趣旨説明とご挨拶があり、その後、藤井滋穂学堂長から、これまでの交流や今後のさらなる学生交流に関する期待について挨拶がありました。その後、Mahidol大学工学部Worawit Israngkul工学部長との間で学生交流協定の調印式が行われました(写真1)。また、調印式に先立って、Mahidol大学工学部Songpol Ongwattanankul副学部長によるMahidol大学の概要の説明、環境工学コースのDr. Ranjna Jindal国際教育プログラムリーダーから国際交流プログラムの説明が行われました。その後、藤井滋穂学堂長の方から、地球環境学堂の紹介と修士課程におけるダブルディグリーコースの構想についての概要が説明されました(写真2)。

調印式の後、Mahidol大学のSalaya Centeral Instrumental Facilityを訪問しました。高速液体クロマトグラム質量分析装置(HPLC-MS/MS)や飛行時間型質量分析装置(TOF-MS)などの高度な分析機器が整備されており、さらに高圧ガス配管を備えるなどの最新の設備を見学しました。その後、図書館に移動し、最新のe-Learningシステムを見学しました(写真3)。学生のみなさんは、講義が収録されたVTRを各自の復習に利用している様子などが紹介されました。最後に、工学部Suwanna Kitpati助教授の管理する研究室を訪問し、学生から研究内容の説明を受けました。今回の協定を通じて多くの学生が交流を深めることを望みます。

写真1 学生交流協定調印式の様子

写真2 ダブルディグリーコースの構想説明の様子

写真3  e-learningを受講する学生たち