活動報告

2014年7月 活動報告

地球環境学堂はJSPS拠点形成事業ワークショップを開催しました。(2014年6月27日)

2014年7月11日

本学地球環境学堂の藤井滋穂学堂長、梶井克純教授、水野啓特定准教授、鬼塚健一郎助教および職員2名が日本学術振興会(JSPS)バンコク研究連絡センターを訪問し、同センターの山下邦明 センター長、山田大輔 副センター長、さらに日本学生支援機構(JASSO)の山本剛 所長と、JSPSの事業や海外からの研究者の受け入れについて活発な意見交換を行いました。

同日の午後には、28日開催の京都大学ASEAN拠点開所式に先立つプレシンポジウムで、JSPS研究拠点形成事業「インドシナ地域における地球環境学連携拠点の形成」主催の第8回ワークショップが開催されました。ワークショップには、地球環境学堂やJSPSからの参加者の他、タイ(マヒドン大学、キングモンクット工科大学トンブリ校、キングモンクット工科大学ラカバン校)、ベトナム(ハノイ理工科大学、フエ大学、フエ農林大学、ダナン大学、ダナン工科大学)、カンボジア(王立農業大学)、ラオス(チャンパサック大学)から学長を含む主要な教員が出席しました。参加者全員の自己紹介の後に、地球環境学堂における海外での取組が報告され、その後にASEAN地域各大学での、環境問題への取り組みや大学の教育研究の海外連携について事例発表が行われ、熱心な討議が続きました。