EML 京都大学 環境マネジメント人材育成国際拠点
EMLプログラムとは

目的と展望

「環境マネジメントリーダープログラム」とは

 本プログラムは、複雑で多岐にわたる地球的および地域的環境問題の解決に取りくむ国際的環境リーダーの育成を目的とし、文理を融合した環境マネジメントに関する学理と技法を習得しつつ、都市への人口集中や経済発展による環境破壊、都市と農村の格差問題、生態環境保全、貧困削減、地域防災、都市環境や衛生などアジア地域が直面する諸課題の解決と、地域に適した脱温暖化社会の設計、資源循環、環境管理政策に貢献できる環境リーダーを育成することを目的として設置されました。教育・研究を担当する部局として、地球環境学堂・学舎、工学研究科、エネルギー科学研究科が参画しています。

 環境マネジメントに関する英語による講義と演習からなる教育プログラム、国内外の環境政策や国際機関、国や地方公共団体、環境関連企業におけるインターン研修、海外フィールドキャンパスを中心としたアジア地域等の実フィールドでの環境改善のための調査・研究を通じた修士・博士論文の作成を行うことで、アジア地域等の環境マネジメントに貢献できる環境リーダーの育成を目指しています。なお、地球環境学舎では「環境マネジメントリーダーコース(修士課程)」「環境マネジメントリーダーアドバンストコース(博士課程・博士後期課程)」と称し、工学研究科およびエネルギー科学研究科では「環境マネジメントリーダープログラム」と称します。

教育目標

 複雑で多岐にわたる地球的および地域的環境問題の解決に取りくむ国際的環境リーダーの育成を目的とする。

このブログラムについて

「環境リーダー」とは?

 学際的な環境問題の知識、専門分野の知識を備えるのはもちろん、アジア・アフリカの現場にて「課題発掘」、「現地人材・異分野人材と協働し、それを牽引」、 「解決のための方向性を提示」する能力を備えた人材

ページトップ

Copyright © Environmental Management Leader Program All Rights Reserved.