EML 京都大学 環境マネジメント人材育成国際拠点
拠点紹介

フエフィールドキャンパス

 京都大学地球環境学堂では、2004年に、南シナ海およびそれにつながる潟湖から、二つの大河が流れる平野を経て、急峻なアンナン山脈へと至るトゥアティエンフエ省の起伏に富んだ多様で豊かな環境を、そのまま「フィールドキャンパス」に見立てて、海外研究拠点ベトナム(フエ)を設置した。これが、現・環境マネジメント育成国際拠点フエフィールドキャンパスの出発点である。その中心都市であるフエ市は、人口約33万人の小都市であるが、国立フエ大学(7つの単科大学連合)、私立フースアン大学や、遺跡保存機関、文化芸術研究機関などの学術機関が集中する。フエフィールドキャンパスは、これらの現地組織と連携しながら、環境問題の教育・研究の場として、学生のインターン研修、学位研究、学生募集その他活動の拠点となることを目的としている。

Hue-brochure.pdf

ページトップ

Copyright © Environmental Management Leader Program All Rights Reserved.