EML 京都大学 環境マネジメント人材育成国際拠点

近況報告

2013年3月01日
[ 近況報告 ]

第5回EMLシンポジウムのご案内

EMLプログラムでは,毎年シンポジウムを開催しており,これまで京都,ハノイ、 フエ、深圳にて開催してきました。 
プログラム最終年度であります今年度は時計台国際交流ホールにて,「京都大学 環境マネジメント人材育成国際拠点第5回EMLシンポジウム」を開催いたします。
シンポジウムでは,ベトナム、深圳、タイ、カンボジア、ラオス、インド等から も教員・学生をお招きし,各フィールドキャンパス・各大学からの報告,各大学の学生によるインターン研修・研究発表,ポスター展示を予定しています。 
多数の方の参加をお待ちしております。

日付:2013年3月8日(金)9:00~17:00
会場:京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールⅠおよびⅡ、
言語:英語
主催:京都大学地球環境学堂 EMLプログラム
共催:アジア・メガシティーの人間安全保障工学拠点GCOEグローバルセンター
助成:文部科学省

2013年2月21日
[ 近況報告 ]

マレーシアサバ大学御一行の訪問

2月21日午後、マレーシアサバ大学より学長含む大学関係者7名が地球環境学堂を訪問。
工学部土木工学教室本館の会議室にて、京都大学教員7名学生1名とのワークショップが開催された。
ワークショップでは京都大学、サバ大学それぞれが活動報告をし、
京都大学からは藤井学堂長を始めとする4名がプレゼンテーションを行い、活発な議論が交わされた。
P1010132.JPGP1010191.JPG

2013年2月20日
[ 近況報告 ]

ベトナム・フエ市の代表団が訪問

平成25年2月20日午後、ベトナム・フエ市の代表団が、本学を訪問されました。

ファン・チョン・ビン市長をはじめとする一行8名は、森純一国際交流推進機構長より両大学間の交流についての説明を受け、今後もフエ大学との研究・教育両分野での交流を深めていくことが確認されました。会談後、地球環境学堂・学舎にて、関連教員、学生らが参加するワークショップが開催されました。まず藤井滋穂学堂長より、共同研究、学生交流、インターンシップについての説明があり、ついで学生らによる活動紹介がなされ他の後、今後のフエ市との研究教育の協働について意見交換が行われました。このワークショップは、フエ市訪問団、京都市、京都大学教員、フエ活動日本人学生、フエ大学出身学生ら40名が京都大学で参加する他、フエ農林大学とのテレビ会議システムを通じて、レ・バン・アン副学長、京都大学卒業生3名を含む約30名がフエから参加し、活発な議論が展開されました。

ワークショップ後は、フエ市の代表団は、京都市が主催する「京都市・フエ市パートナーシティ提携式及び歓迎レセプション」のために京都市国際交流会館に移動しましたが、京都大学からも森国際交流推進機構長を初め15名の教員・学生が招待されました。昨年4月にフエ市で開催の世界歴史都市会議のため、京都市門川大作市長一行がフエを訪問した際、京都大学はフエ庭園住宅研究紹介・京都大学EMLオフィス見学などの案内を務めています。

京都大学では平成19年にフエ大学と大学間交流協定を締結し、国際交流科目の実施、文部科学省科学技術戦略推進費「戦略的環境リーダー育成拠点形成」事業による海外フィールドキャンパスの設置、JICA草の根技術協力事業の実施など通じて共同研究、教育交流、社会貢献事業を行っており、今後も同大学との連携を核としたフエ市との協力が期待されています。

P1010127-2.JPGIMG_0257.JPG

kouryuu.JPGIMG_0273.JPG

2012年12月17日
[ 近況報告 ]

平成24年度第7、8回インターン研修報告会

12月11日(火)に地球環境学舎第7回インターン研修報告会

12月17日(月)に第8回インターン研修報告会が開催され、EML履修生を含む学生計4名が報告を行いました。

EML履修生の発表タイトル:

第7回「企業環境マネジメントシステム導入実務 中国企業における環境マネジメント

第8回「タイにおける水環境を介した動植物への有機フッ素化合物(PFCs)汚染調査

    「遮水工を用いた廃棄物最終処分場周辺の環境影響の抑制地盤環境工学の実務

   に関するインターン研修

P1010082-thumb-250x187-1343.jpgP1010090-thumb-250x187-1346.jpg

IMG_0023-thumb-250x166-1352.jpgIMG_0026-thumb-250x166-1364.jpg

2012年11月29日
[ 近況報告 ]

第49回環境工学研究フォーラム特別企画「これからの環境工学研究・教育の海外展開」が開催されました

1129日に第49回環境工学研究フォーラム特別企画「これからの環境工学研究・教育の海外展開」と題して、午前に時計台国際交流ホールで「戦略的環境リーダー育成拠点形成」採択校全17校による特別企画関連事例発表セッション、ポスター展示が行われ、その後2箇所の会議室にて昼食をはさんで2時間余り採択校会議、学生会議を各々開催し、これまでの成果や問題点等について活発な議論が交わされました。

1440分からは百周年記念ホールで特別企画「これからの環境工学研究・教育の海外展開」の特別講演・パネルディスカッションがあり、計140名近くの参加でした。

ご参加頂いた方々並びにご協力頂いた皆様に心よりお礼を申し上げます。
DSC_3834-thumb-250x165-1238.jpgDSC_3876-thumb-250x165-1211-thumb-250x165-1259.jpg
DSC_3876-thumb-250x165-1211-thumb-250x165-1259.jpgDSC_3884-thumb-250x165-1268.jpgDSC_3894-thumb-250x165-1253.jpgDSC_3900-thumb-250x165-1241.jpg図4.jpg学生ランチDSC_3990-thumb-250x165-1244.jpgDSC_4048-thumb-250x165-1250.jpgDSC_4152-thumb-250x165-1232-thumb-250x165-1265.jpgDSC_4182-thumb-250x165-1247.jpg図7-thumb-250x165-1166.jpg

Copyright © Environmental Management Leader Program All Rights Reserved.